帰国

いや〜長いロードでした。
1月23日からの19日間に及ぶ展示会&中国実演展示会。

まずは岩手の手仕事展にご来場下しました皆様、本当に有り難うございます。
たった2日の展示会にも関わらず、多くの方々にご来場頂き嬉しい限りでした。
開催場所近くでちょうどお世話になっている「ゆずりは」の展示会もあり、そちらのお客様も足をお運び頂き、また予期せぬ盛岡リンゴのプレゼント企画も入って来て、つくづく人の繋がりが如何に大切なものか感じた2日間でした。b0125851_1544861.jpg

ちょっとしたご縁なのに遠方より来て頂き、しかもご自身がつくられた革細工を頂きました。次の日からの中国出張にホント重宝致しました。有り難うございます。
少しでも岩手の工芸品のバリエーションの豊かさを感じて頂けたら嬉しいです。

中国のお話はたくさんありすぎて、何を書いたら良いかわかりません。徐々に書いていけたらと思います。とりあえずは、中国のスタッフの南部鉄器に対する思いの真剣さと知識欲に頭が下がる思いでした。中国の茶の文化は日本よりも形式に捕われず、より庶民に近いものであるため鉄瓶への興味も意外なほど高く驚きました。しかも日本人より手慣れた手つきで鉄瓶を扱う様子はどっちが日本人なんだと思う程。お湯をふんだんに使う中国茶は机の上に茶盆と言いますか茶盤といいますか、お湯をこぼしても何の心配もいらないよう受け皿が下に用意されていて、それもあって余計に鉄瓶を扱うのにかしこまることもなく自然体で使えるのではないかと思いました。

b0125851_15284730.jpgしかも、鉄瓶の色の移り変わりに対しても日本人以上に理解を示してもらい、普段のお手入れも積極的に行っている様子でした。展示会場ではお茶の試飲もでき味の違いを実感してもらい鉄瓶の良さをアピールできたと思います。鉄瓶たちが誇らしげに陳列されている様に私には見えました。

今日はここまで
[PR]
by zutatto | 2010-02-11 15:30 | zutatto
<< 中国−1 長期ロード始まります。 >>