無力感

沈静化を祈って・・・沿岸にいた親友が家族揃って無事という連絡が入り心底ホッとしました。
燃料不足は以前続いていますが、内陸では徐々にではあるけれど被災地へのバックアップ体制が整いつつあります。
2日間の停電生活の中、ライフラインの仕事に関わる方々の懸命な復旧作業に感謝するばかりで、自分の仕事が何とつまらないものであるかと考えてしまいます。福島では原発事故の被害拡大を避けるため、命をかけて現場に居続ける作業員。批判するのは簡単です。メディアの質問する雰囲気はかえって恐怖感を与えるだけのものになっている気がしてなりません。
とにかく、震災被害がこれ以上広がらない事を心から願ってやみません。
[PR]
by zutatto | 2011-03-17 13:21 | zutatto
<< 時薬 ときぐすり 地震 >>