こんなときでも

徐々に普段の生活を取り戻しつつあるというより、取り戻そうとしている最中の大きな余震。
というよりしっかり別の地震でしょう?
こんな中でも、遠方よりお越しいただいて鉄器を購入してくださるお客様に心より感謝です。
今年度より、伝統工芸士として雅号と自身の名前を入れての鉄瓶を販売することになったのですが、
震災後、そして今年度初の鉄瓶購入をして頂きました。
時間短縮しての売店営業ですが、そんな中でも鉄瓶が売れたことは励みになります。
ただただ、感謝です。
観光業界に頼る部分も大きい地場工芸品。先行きが見えないのがホントのところ。
m-color'sのグループで、この現状を打開しようという動きもスタートします。
できることから一歩ずつ。
[PR]
by zutatto | 2011-04-08 21:07 | zutatto
<< いいこと 時薬 ときぐすり >>