タグ:鉄瓶の仕事 ( 20 ) タグの人気記事

その後

以前、お知らせしたラジオ出演。
やはり盛岡では全くと言っていい程聴こえませんでした。
朝早くから起きてチャンネルを合わせて頂いた方々ごめんなさい。

そこでなんと!
[PR]
by zutatto | 2013-07-06 22:03

展示します!

明日から岩手県工業技術センターのイベントで鉄瓶の展示が行われます。
今年の鉄器祭りに出品していた作品の他にセンターが所蔵しているお宝の湯釜、鉄瓶が一般公開されます。
温故知新。
当時の自由闊達な作風とその意匠に自分の未熟さを思い知らされます。
じっくり時間をかけて一つのものを作り上げる心の余裕を持て!
と展示された昔の釜たちに一喝された気がしました。
詳しくはこちらからb0125851_2235686.jpg
b0125851_2233592.jpg

[PR]
by zutatto | 2010-10-07 22:05 | 鉄瓶

南部鉄器祭りのご案内

南部鉄器祭りが明日からいよいよ始まります!
詳しくはリンク先でご確認を!(内容盛りだくさんのためここでは割愛)
b0125851_2128364.jpg

盛岡は南部鉄器の発祥の地
申し訳ありませんが、鉄器祭りといっても鉄器製品を安売りするのがメインの祭りではありません。
日頃、研鑽を積み重ねた技術の全てが注ぎ込まれた鉄器の数々。。。そのクオリティの高さは必見です。単に商品としてだけでなく用の美を意識した多くの作品はヘタな展示会を観るよりずっと価値があります。私たち出品者もお互いが刺激し合う良い機会なのです。
会期中は多くの出品者が会場に居りますので、気軽に声をかけて下さい。
[PR]
by zutatto | 2010-09-17 21:48 | 鉄瓶

中国ー6

仕事もしっかりしてました。
b0125851_1905043.jpg

しかも、周りは化粧品店。
そうです!百貨店の入り口前の一番良いとこでイベントでした。
日本の場合だと7、8階の催事場が定番ですが、中国ではメイン玄関前でした!
b0125851_1945148.jpg

更に驚いたことに百貨店の正面入り口には車が。。。。
駐車場が入り口に隣接していると言うか、駐車スペースは自分で決めるといった感じ。。
百貨店の品格がガタ落ちじゃないの??と思います。
店内には高級ブランドしかないのに。。。
[PR]
by zutatto | 2010-03-17 19:10 | zutatto

鉄瓶の作り方その5

本日は吹きの日。
「雪こんこん」も吹きました。久しぶりの型でしたので湯が上手く廻っているか緊張ものでした。
鋳物の面白さ、醍醐味は型を外してみなければモノが出来ているかどうかわからないところにあります。型から外す瞬間は受験の合格発表の時の緊張によく似ています。
b0125851_2074213.jpg

前回紹介した中子を据えたところです。型と中子に隙間があるのがわかるでしょうか?
ここに溶けた鉄が流れ込んでいきます。
b0125851_2016555.jpg
緊張の型外しが終了。
模様がしっかりと鋳出されていて一安心。
鋳物は型作りが命。
この後は、中子を壊して釜焼き、研磨へと作業が移っていきます。
鉄瓶に合わせて鉉(取っ手)も専門の鍛冶屋さんに頼むことにしましょう。
[PR]
by zutatto | 2009-11-26 20:26 | 鉄瓶

鉄瓶の作り方その2

仕事以外の鉄瓶はもっぱら休日に。
昨日、今日と注文品の制作をしました。
b0125851_20535688.jpg

注ぎ口の型を埋め込んで、挽き上げの作業です。徐々に目の細かい砂を型につけて挽き上げていきます。
挽き上げあたら、型が乾かないうちに模様をつけていきます。W様ご注文の挽き上げあたら、型が乾かないうちに模様をつけていきます。
b0125851_20585731.jpg
W様ご注文の「雪こんこん」ホントに久しぶりの型おこしになります。心なしか雪だるまが前回作ったときより笑って見えます。

b0125851_2124128.jpgこれは蓋の型です。表の型と、裏の型を作って二つ合わせてその空間に鉄を流し込んでいきます。

型作りも終盤。乾燥後、型を炭火でもって型を焼く作業に入ります。私達の鉄瓶の作り方を焼き型技法と言いますが、この型焼きからきています。
[PR]
by zutatto | 2009-11-15 21:42

鉄瓶の作り方その1

久しぶりに鉄瓶を作る過程をご紹介していきます。

というのも、久しぶりに作る鉄瓶の注文が入ったからでありまして、お客様への進捗状況のお知らせも兼ねてアップしていけたらと思います。(W様心を込めてお作りします)

鉄瓶「雪こんこん」
今回ご紹介するのは「粗挽き」という型作りの中で一番最初の段階。
b0125851_23231766.jpg

荒い砂で作った型を包丁で二つに割って、取り出すことができるようにしておきます。
軽く叩きしめて(右側のほう)二番目に荒い砂をこの型につけていきます。

今日はここまで。
[PR]
by zutatto | 2009-11-08 23:32 | 鉄瓶

必見!来なきゃ損する!

今日から南部鉄器祭りが行われております!!
いつもに増して力作が揃いました。
南部鉄器の道に入ってまだ日の浅い若手の作り手が積極的に参加してくれて、
充実した新作展となっております。
怠けちゃいられない中堅どこ!
明日、会場で皆様のお越しをお茶をご用意してお待ちしております!
[PR]
by zutatto | 2009-10-10 22:02 | zutatto

山麓工房フェスタでした

2日から今日までの三日間、約6000人ものお客様がいらっしゃって下さいました。
ありがとうございます。
森の鉄瓶屋さんも多くの方にご覧頂き、あらためて鉄の持つ魅力を感じて頂けたと思います。
今回は小物を多く取り揃えての展示でした。小物といえども手仕事は変わりません。
ひとつひとつ手仕事で仕上げた物を、多くの方が買い求められて作り手の私どもとしては大変嬉しい限りです。
b0125851_22464491.jpgb0125851_2247584.jpg
b0125851_22473146.jpg



来週は南部鉄器祭りが10日から始まります。
鉄器の新作展や鋳物体験、溶解作業の公開等を予定しています。詳しくはここから
山麓工房フェス同様、あまり見かけることのない鉄器が皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by zutatto | 2009-10-04 22:49 | 鉄瓶

連休

いや〜来るわ来るわ、お客様が!

他県ナンバーの車が駐車場にびっしり!
ETC効果がはっきりと見てとれる観光施設。
今日、出番の私はお昼ご飯も食べずに作業をしてました。
せっかく遠くから来て下さったのに工房に誰もいないなんて失礼できません。
しかしながらこの不況、来るには来たけどお土産にお金を使わない人がほとんど。
それでも、鉄器のことを多少なりとも知ってもらえれば恩の字です。

ずっと私の作業を見てくれていた女の子がいました。
モノ作りに興味があるのか、黙って20分近くも見てくれてました。
ありがとう。
[PR]
by zutatto | 2009-09-21 19:00 | 鉄瓶